スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今会いに行きます」のアーカイブ星 
2005 09 06
Tue 20:22:04

ドラマ・映画  Comment 0  Trackback 0  edit.

FC2tyle-FC2ブログstyleさんの所で面白い記事を読みまして、その記事の中に
「アーカイブ星」というモノが出てくるんですよ。
私はドラマの方しか見ていないので(ミムラさんのファン)実際の意味はその記事を
読むまで知りませんでした。
アーカイブはNHKなどでよく使われている「記録」と言うような意味合いで
理解していたんですが、自分の存在を覚えてくれている人だけが住む星、何ですね。(^^;
SFの世界では、アーカイブは「宇宙の記憶が保存されている空間」という認識があり
天国とかに絡ませると言うのは面白いですよね。
自分自身は、「死後の世界」は信じていません。
有れば良いとは思いますが、輪廻転生とか宗教的な考えを知れば知るほどそこには
矛盾が沸いてくるからです。
魂の数が無限であれば、世界人口がこれほどになった事もあり得るかと思いますが
大昔から動物も含めても個体数が増えたり減ったりする事に疑問を持つんですよ。
宗教では、霊界は無限でありそこに住む魂達も無限に存在するから個体数が
増えたり減ったりするのは至極当たり前と言われます。

この点、アーカイブ星(記憶が集まる世界)という考え方は天国とかよりも
面白いですね。
面白いって言うのも変ですが、色んな人たちが感じたり考えたり経験した事が
どこかの空間に保存されている、そんな事が本当に有れば誰もが平等なわけで
神様に頼らなくても自分の人生には意義があると言えるかも知れません。
生きていく中で色々な経験はそれだけでかなりのエネルギーですから、その波動が
どこかに影響するって言うのは面白い(イラストのネタで妄想癖が・・・w)

ちょっとマジな記事になりましたがたわいない妄想の記事と思ってお許しを。

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。