スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーザービリティな記事を沢山読んで・・ 
2005 11 04
Fri 13:50:02

ブログ拝見  Comment 10  Trackback 0  edit.

今日はsugar potさんの「リニューアルで気分一新」の記事から始まって色々な意見を目にする事になりました。
(って自分がリンクを辿っただけで自業自得なんですがw)
私自身もテンプレートのデザインをする上で一番考えるのが《文字サイズ》な訳です。
いつも見に来ている方なら分かると思いますが、私のブログは新しいテンプレートが出来るたびに模様替えをしている状況ですが(^^;
(混乱を招いていたらm(_ _)m)
同じデザインを使う事でのメリットと言うのは当然私も理解しているにも関わらず、何故デザインをこうも変えるのか?
それは私が単に「多少なりとも驚いて貰いたい」と思っているに過ぎません。
そんな私の事は別として。
色々な方がこういった「見る人の立場」と言うのを考えてデザインなりテンプレートを選んでいると私は思っていた訳ですが、実はそうじゃない部分もある。
以前、「文字サイズの固定はすべきじゃない」と言う記事を読んで「え?!?そうなの!??」と、その後テンプレートの文字サイズを可変に変えた所、DLした人から「文字サイズを小さくしたいんですが?」と質問を受けた。
その時は「好みがあるからね」程度に考えていたが、良く良く考えたらその人はどんな環境でそのテンプレートを使っているのか?と言う事が、今更になって気になった。
それで改めて自分が作ったテンプレートの文字サイズを考えたらダウンロード数が多いのが文字サイズを小さめに設定していた初期の頃のモノが多い訳ですよ。
私は別に「使う人が多いからその人達に合わせる」と思っている訳じゃないです。
テンプレートと言う特殊なモノに限って言えばどんな対応をしようが使う人によってまちまちであり、自分の許容範囲だと思えば使うだろうしそうでなければ使わないかカスタマイズするだろう。
女子中高生が小文字を好むと言うのは今に始まった事ではなく私の時代にも有った。(いつの時代だ?と聞かないでくださいw)
そしてネットでもそれが有るようで、記事の内容とかそう言ったモノより自分と同じ「小文字」を好むブログなりを求めるのだと言う。
テンプレートでもそれが如実に出ているという事なんだろう。
自分がデザインしたテンプレートを使う年齢層が実際どのパーセンテージで有るのか調べていないので予想というか想像の域だが、コメント名から察するにDL数が多いモノほど女性が多いと思われる。
ユーザビリティから言えば、「見やすい文字」を基準に考えるべき何だろうがデザインから見たら「見やすい」より「デザインに有っている」と言うのが正しいように思えてくる。
同じ面積で情報量を多く求める若年層とデザイン云々より、情報の価値を求める他者との関係をデザインに取り入れるべきなのでは無いかと感じ始めている。
じゃ、ユーザビリティとはなんぞや?と、聞かれたら「(@_@;)」な訳で、ひとつのモノで全てを補おうとする事自体が無理であり多様性を考えたバージョンが必要なのだと考えざる終えない。
まぁ?それに対応する事自体個人的には無理な話なんだが(爆)
それでも「カスタマイズする余地を残す」という事なんだろうね、個人で出来るのは。
「それが出来ないから困るんだよ」と言われたらそれはもう?御免なさいの一言で終わらせるしかないのだが・・・・

結局の所、自分なりの結論が出た訳じゃなく「今後の参考に」程度で納得せざる終えない事実と認識した訳で、改めてユーザビリティの難しさを痛感した日でした。

デザインの変更に付いても変更によって生じる「戸惑い」は私の遊び心と寛容な心で接して頂きたいと切に願う。(笑)
まぁ?それでアクセスが減ってもブログの内容がそれを上回る魅力を得ていないと言う事であり、その辺は反省する所です。(^^;

ジャンル [ ブログ テーマ [ ふと、思った事 ]

Re comments.

「ユーザビリティ」
来てくれるひとに快適に見てほしいというのはありますね。
でも一方で、ウェブサイトとしてデザインで主張したい部分もある。
その兼ね合いでしょうね。
あの記事を書いた後で、「ブログに独自なデザインは要らない。基本的な操作は統一すべき」と主張する文章を読みました。
他人の不幸は蜜の味「プロはブログをデザインするな」http://lsty.seesaa.net/article/8948626.html
プロでなくてもあれこれやってるわけですが……
たしかにブログとして考えると統一フォーマットのほうが閲覧性は良いわけですが、ブログもウェブサイトのひとつとして考えると、あれこれあったほうが楽しい、と私などは思うのですけどね。書かれている内容にのみ興味がある場合は、フォーマット統一、という方向に向かうのかもしれません。ブログ、ウェブサイトは何を表現しているか?というところにまで話が及んできますね。

有希之武さんのページは「ころころ頻繁にテンプレートが変わる楽しいサイト」としてこれからも楽しませていただきま~す。
2005/11/05(土) 05:09:02 [URL] sugarさん [編集]
「欲しい機能さえついてれば」
 ある程度のデザイン性は
 目を瞑るか
 用意された中で
 選ぶとします
 
 
 僕がどうしても欲しかったのは
 各記事にての
 編集なりEDITボタン
 そのあたりのカスタマイズについては
 ここ(FC2)では
 色々と
 やれるし
 やってくれるし
 やってもらっちゃってるし
 
 使いやすいかは
 人それぞれで
 
 慣れちまえば
 何でもこい
 なんだろうけど
 
2005/11/05(土) 07:58:20 [URL] 2号ですさん [編集]
「あ、この記事読んで」
 文字を小さくしたくなりました
 
 ちょいといじってみようかと
 
 どうにも
 わからなかったら
 また
 聞きにきますね
 @文字の大きさ設定
2005/11/05(土) 09:57:43 [URL] 2号ですさん [編集]
「ブログは同じ仕様で無ければならない?」
sugarさんのリンク記事を読みましたが、私としては賛同出来ませんね。
確かに公共の場的な存在として誰もが役立てるとかそう言うブログであるならば、統一性とかユーザビリティの重要視は計られた方が良いですが、個人のブログ、サイトとは基本的な存在理由が違うような気がします。
誰もが思っているのは同じ趣味などを共有したいと思っている事で全ての人に見て貰いたいと思って居る人は限定されるのではと思ってます。
それにサイトやブログは「自分を表現する部屋」と思っているのでsugarさんの様に模様替えをしたいと思いますし、何より訪問してくれた人が楽しめる、役立つとかちょっとした事が個人として主張出来る部分だとも思っています。
そう言った意味で統一性よりもむしろ独自性が有る事で共通部分を持つ訪問者と出会えると考える人が多いのではと思います。
確かにあまり独自性を前面に出してせっかくの出会える機会を失う副作用的なモノは有るでしょうけどね。
それに自分と違う価値観の人と出会いたいと願うならば自分からそう言った場へ出向けば良い訳で、無理にデザインや自分のアイディアを捨てて全てのユーザーを受け入れる統一フォーマットは、ある意味、素っ気ないブログやサイトでしか無く、興味を抱けない存在になってしまう気がします。
自分が選んだデザインがその人の個性というか片鱗を見せるという意味では、色々なフォーマットが有る方がむしろ自然な感じがしますよね。
まぁ~ひとつのブラウザでしか閲覧出来ないと言うのは別問題ですが。
2005/11/05(土) 10:05:19 [URL] 有希之武さん [編集]
「確かにほしい機能ってありますね」
2号さん、どうも。
確かに自分がほしいと思う機能が選んだテンプレートに無いと自分でもほしくなります。
私のテンプレート自体がまず「自分がほしい機能を盛り込む」という事で始まっていますし。
その機能が逆に訪問者を戸惑わせるかも知れませんが、
>慣れちまえばなんでもこい
って言うのは有りますね。w
確かに毎日別のテンプレートで操作も違ったりするとやっかいですがある程度、共通部分が残っており画像や見た目が違うだけなら「おっ!またやってるな」と、楽しめる事でありそれに慣れてさほど違和感を覚えないと思いますね。
どんな事をしても「全ての人を満足させる」と言うのは夢物語ですし。

>文字を小さくしたくなりました
良いですよ~ドンドン聞きに来てください。(^ー^)
2005/11/05(土) 10:13:13 [URL] 有希之武さん [編集]
「タイトルを入力して下さい。」
 いや、だから「楽しさ」と「読みやすさ」は違うのですよ。
 どちらに重きを置くかという問題ですが、僕が言いたかったのは「コメント」や「TB」というブログの本来的な仕様については統一しなさいということです、少なくとも。
 フォーマットと「装飾」は全く別物です
2005/11/05(土) 16:29:35 [URL] LSTYさん [編集]
「LSTYさんどうも」
そうでしょうか?「楽しさ」と「読みやすさ」と切り離せないと思いますよ。
装飾を楽しむという事で、「読みやすさ」は時として失われます。
LSTYさんの言いたい事は分かります。
ブログの仕様を統一という事も理解出来ますが、統一する事で失われる「可能性」みたいなモノがあるような気がします。
ブログ自体が完全な理想とする形で無い限り「進化」と言う意味でも無理に統一を望むべきでは無いと考えています。
個人個人で必要とする機能も又違うという事も考えられますよね?
私などは確かにTBの機能が有れば良い時も有りますが、必ずしも必要とは考えていません。
それはブログをブログとして使っているのではなく、ブログを「表現の場」として使っているからだと思います。
多くの方と言っては語弊がありますが、「ブログ」だから使っているのではなく、今自分を表現したい「道具」として「今流行りのブログ」を選んで居るのだと思うからです。
確かにそれで混乱を招く様な事も多くあるでしょう。
しかし私自身は「統一」や「画一」されたもので有るなら興味は半減されると考えます。
デザインがこれほど多く望まれるのと同じようにフォーマットと言う根幹部分も色々な使われ方をして新しい可能性が生まれるとは考えられないでしょうか。
2005/11/05(土) 16:57:54 [URL] 有希之武さん [編集]
「」
 元記事の書き方にも問題があるのかも知れないですけど、僕は「機能の拡張」自体を否定はしていません。機能の削減(URL入力不可とか)はするべきではない、ということですよ。
2005/11/05(土) 17:20:34 [URL] LSTYさん [編集]
「機能の削減」
ん~なんて書いたら良いのかな?
私は機能の拡張とか削除とかも含めて、使う人のほしいと思える機能だけを使う事も許容出来ると思います。
私や他の人はURLの入力があるとそのサイトなりブログなりを覗きますので必要と思えるでしょうが、コメントを貰う事だけを望む人も居る場合、URLの入力は無くてもその人には構わないのでは無いでしょうか。
それにURLの入力不可でその人に不利益があると感じれば自ずと修正するでしょう。
それを否定してしまう事への違和感と言うものが感じられます。
ブーメランコメントに関して言えば、確かに普通のTBとは違う使われ方をしています。
同じサーバーないしサービス間で共有出来る機能を「良し」とする人が居るから使われているのだし、「自分は使わない」から他のサービスを選ぶのと同じ事のように思えます。

誤解してほしくないのは、私はLSTYさんの発言を全面否定している訳じゃないという事です。
ブログではないですが、スタイルシートの解釈とか見る人に障害を与える様な部分は素早い修正を望むし統一性を計る努力をしてほしいと願っています。
私は否定的な意見と言うのをする事を嫌う訳じゃないですが、それだけで終わるような発言であれば賛同出来ないと言いたいのです。
「こう言った事をすればこういった事がありますよ」と言う提案部分が有って初めてその発言に共感を生む事が出来るのではと考えます。
最近、特にユーザビリティに関する記事を目にするに付けそう言った「提案」部分が抜けて批判だけをする記事が多い事もあり、LSTYさんの記事を同じように感じてしまったのかも知れません。
それが私のコメントに出ていたのなら反省すべき所です。
2005/11/05(土) 17:59:00 [URL] 有希之武さん [編集]
「LSTYさん、こんにちは。」
元記事をリンクしたときには、基本フォーマットは統一されたものでなければならないという風に読んだのですが、要はブログの基本的な機能、コメントやトラックバック、URLの入力などがあるからこそ「ブログ」なのであるからそれらを削除するのは好ましくない、というお考えなのですね。少し読み違えていました。

ただ、先のコメントにも書いた通り、ブログもウェブサイトのなかのひとつと考えると、機能削除があるものも存在しても良いのではないかと思った次第。たしかに、「サービス間の交流」ということを考えると、交流しづらい点もありますし、もはやそれは「ブログ」ではないかもしれませんが。
2005/11/05(土) 20:37:26 [URL] sugarさん [編集]
Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。