スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近多い宣伝コメント 
2006 01 15
Sun 19:24:46

独り言  Comment 0  Trackback 0  edit.

近頃、巷でよく見かける英文コメント。
何度も同じ文面だったりする訳だが、共通なのがリンクのクリックを促すものであることは分かる。(英文読めないしw)

私の所にも昨年の暮れ当たりからよく分からない英文コメントが書き込まれるようになり、禁止ワードではじいてきたが、(多分始めは同じ文面なんだろうが・・・)文面を変えて投稿されてくる。
いつも見に行くdanelさんの所でも同じコメントが連続して投稿されている事実を見ると、スパム以外の何ものでも無い訳で、それが只の宣伝ならそれほどの被害も無いだろうが、どうやらこのリンク、危険なものらしい。(実際にクリックしていないのでわからないが)

cgiリンクで有るため、自分はこういったリンクはクリックしない。
(トロイの木馬やウイルスやワームと言ったものを仕掛ける為に以前から使われているテクニック)

こちらにもご相談を受けて「禁止ワード」の設定をお勧めしたのだが、しばらく来なかった英文コメントが再来し始めた。

私自身には実害は無いのだが、訪問者の方がクリックしてしまう可能性を考えるとこまめに消さなければ成らないと思う次第で。

仕方がないので「多く成りすぎる禁止ワード」を辞め、「http://」ではじくことにした。
コメントでリンクが必要とはあまり考えて居ないからだが、それでもリンクを参照してほしいコメントの場合、同じくはじかれてしまう訳である。

これはこちらからのお願いなのだが、リンクを張る場合は、「http://」を外して掲載してほしい。
これだとむやみにクリックされることも無く、投稿が可能である。

ただね?コメント書く人にはそれが禁止ワードに含まれて居るなんて分からない訳で、はじかれて「何で投稿出来ないの?」と、言われるかも知れない。

そう言った意味でこの記事を書いている訳だが、何か良い対処法は無いものだろうか?
FC2サイドでスパムと処理して貰う事が一番なんだが、投稿者のIPも文面もリンクも毎回違う為、対処は難しいだろう。

中には「わー!英文コメントだ!又スパムだな」と、文面を読まずに削除したが、後日、アメリカの方からのご挨拶だと分かり困った。と、言う人もいるだろう。(私のように(爆))

まぁ?ある程度は、「明らかにスパム系」と文面を見ることで分かると思うので全ての英文をスパムと思わないことである。

それにしても日本語は読めて英文しか書けないと言うのはやはり翻訳機能を使って見ていたのだろうか?私のサイトを。
確かに私のサイトは、イラストやアイコンと言うような、文書より画像が主だったものなのでそれを楽しみに見に来てくれていた訳だが。

そう言えば、以前、ミミコピMIDIを公開していた頃も多くの英文コメントを貰った記憶がある。
その時は、知り合いに翻訳を頼みレスも頼んでいた。
(ん?やはり英語の授業をまともに受けていれば良かった(ToT))

今は以前と違って翻訳サイトが有るのでそれを活用しているが、日本人以外からのコメントはとても緊張する。
別にどこの国からの人でも嬉しいのだが、それを表現出来ない自分の語学力のなさを痛感する。

ちょっと本題から脱線したが、くれぐれも宣伝コメントと間違われるようなコメントは自らも避けたい。

勿論、そう言ったたぐいのコメントが日本人からだろうがレスするつもりはないし即、消去する。

それにしてもこういった行為をする人は何が目的なんだろう?
宣伝は嫌がられるだけで決して自分にプラスに成るとは思えないのだが・・・・

ちなみに英文コメント(トラックバックも含む)はどう見ても違法な行為の商法的コメントなのでくれぐれもクリックなどはしないように。

ジャンル [ ブログ テーマ [ 最近気になるこんなもの ]

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。