スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリエモン事件 
2006 01 23
Mon 21:47:55

芸能・ニュース  Comment 3  Trackback 0  edit.

とうとうホリエモンが逮捕されましたね。
自分としては事件の割には、報道が大きいというのはそれだけホリエモンが有名人だと言うことでしょう。
しかし個人的には、「時価相場」とか「買収問題」を大げさに取り上げている気がして成りません。

勿論、メディアとしては「おいしい」事件ですから対応も当然なんでしょうが、「証券取引違反」と言えば、大手の企業などで今までかなりの数、報道されてきました。

私が不思議でしようがなかったのは、「何故、ライブドアがフジテレビを買収出来るのか?」と言う所当たりからですね。

それほど大きな事業を成功させていないライブドアにそれだけの資金源が有るのか?
株とか証券など全く知らない素人の自分でさえ不思議に思える企業でありながら株価が上がると言うのはどう見てもカラクリが有るからであり、それを気が付かない投資家の自業自得の様に思えます。

確かに犯罪には違いないですが、それを薄々感じながらも投資を続けてきた者達にも責任は有るのではと思えます。

「個人投資家を騙す行為」として責め立てられている様ですが、投資自体、その危険性と隣り合わせであることは誰にでも明らかであり、それを「全責任はライブドア」みたいな報道には賛成出来ません。

別にホリエモンを応援する訳では無いですが、以前から株や投資の危険性を報道しておきながらその人気に便乗していたメディアにも責任はあるし、「ゲーム感覚」と言われ続けていたホリエモン氏のライブドア株を危険性を顧みず、投資していた個人の責任はどうなのか?

昔から「株」や「投資」、「先物取引」は一種の賭け事と言われていたにもかかわらず、メディアで「個人投資の安全性」みたいなことを、平然と推奨していた「一つの一例」としての事件では無いでしょうか?

「金儲けは誰でも出来る」見たいな感覚をどこかで持っていなかったのか?と言う疑問が有りますね。

それを助長していたのは、メディアであり、証券業界である事実は誰が見ても明らか。
「それは犯罪じゃないから許される」と言われるでしょうが、そう言った良い所ばかりを宣伝し続けた者達が、今回のような騒動を生んでいるのだと思われます。

「自分には関係の無いこと」と、言いたいですが、この風潮が続く限り、何時自分の仕事関連などに影響が出るか分からないことだけはしっかりと把握しておきたいモノです。

ジャンル [ ニュース テーマ [ ライブドア問題 ]

Re comments.

「同感。。」
一連の報道で、何かすっきりしない気がしていましたが、何が変なのか私には整理できませんでした。

>昔から「株」や「投資」、「先物取引」は一種の賭け事

この基本的なバックボーンを忘れて、ライブドアだけがヒールになっているところが気持ち悪い原因だと、気付きました。

ライブドアは確かに違反をしたのでしょう。
でも、それを見抜こうともしなかった投資家と証券会社も同じ穴のムジナなのかもしれませんね。

連続カキコで失礼いたしました。
2006/01/24(火) 18:33:33 [URL] うたねさん [編集]
「デイトレード」
未だにあまり理解していないのですが、
どうも投資という感覚がないような、
リスクを置き去りにしている感が否めず。

今回の事で、そう先導していった者達、そのまま乗っかった者達の反省があると良いのですが。
それに、抜け道のありすぎる法律も一因じゃないかと思うんですけど。

どうしてここまで騒がれるのか、イマイチ分からないんですよね。
彼が有名だから?投資家が損をしたから?生意気だから?

まとまらなくなってきたので、この辺で失礼します。
2006/01/25(水) 09:28:22 [URL] ひろえさん [編集]
「お二方も感じますか」
やはり同じように感じている方が居ると言うことは他にも多くの方が疑問に思っていると言うことですよね。

自分としては、ここまで大きく報道される「ホリエモン」と言う存在が原因だと思います。

彼は最先端のネット事業で一番、目立ち先頭を切って駆け抜ける若き経営者として世間は、羨望を込めて見ていたのだと思います。
IT関連の人たちには「成功者」として扱われ、政治家や投資家にも同じ様な印象で祭り上げられていたのだと感じます。

だからこそ、以前から「不振」に思っていた事でもかすれて見えていたのでしょう。

本来、一般投資家と呼ばれる人を取り込むのなら株式の透明性や、危険性を十分認識させる仕組みが必要だったのかも知れませんね。

しかし経済を支える銀行や投資家などは、社会的な問題になれば「国が介入し税金を投入する」と言うことがバブルで実証済みな為、危険性をはらんでいても「安心な投資」に見せかけ何も知らない一般投資家を巻き込んだのもこれほど大きく関心を集めた要因だと思います。

ホリエモンが関わっているIT関連者のインタビューでも分かりますが、「立ち直ってほしい」という好意的なコメントが多いですが、その事だけでも「新しい事業の形」的な「成功者」として扱われていたホリエモンの存在が事件を大きく報道させているのでしょう。
2006/01/25(水) 11:04:29 [URL] 有希之武さん [編集]
Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。