スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有志によるQ&Aって知ってますか? 
2006 04 07
Fri 11:26:35

独り言  Comment 2  Trackback 0  edit.

かなり煮詰まり気味の有希之武です。(自分のブログで自己紹介w)
今置かれている環境が大まかな原因ですが、それは良いとして。

ブログの管理画面で注目すべきリンクが増えているのをご存じだろうか?

有志によるQ&A

よくご存じの方も居ると思いますが、以前から私や他の方もFC2の高機能さ故にサポートフォーラムなど初心者には敷居が高いとことさらに言ってきましたが、やっとと言うかとうとうと言うか、FC2ブロガーの有志の方々が作ったFC2ブログを使いこなす為のQ&Aです。
(それがシステム関連のリンクとして採用されているFC2サイドの柔軟性。にちょっと感動w)

FC2ブログは、年内にもブログ界一位の座をとれるような勢いを持ったブログサービスとしてかなりの注目度を集め始めています。
これは同じ利用者としてとても嬉しい事であり、とかく「作っては見たが更新が面倒」と放置状態のブログが多い他サービスとは違いユーザー自体がこのFC2ブログを好み、盛り立てようとする活発なサービスで有るが故の評価だろう。

多機能や有名人使用、知名度、興味を誘うサービスやキャンペーンなどでユーザー数を獲得しても最後に残るのは、ユーザーと提供する側の関係がどれだけ信頼感をもてるかで決まると言う事だろうと感じさせる。

FC2ブログの最大の売りは「柔軟で高機能なカスタマイズ性」で有る事はユーザーならご存じだろう。
にそのカスタマイズをシステム側もユーザー側も色々な手法で新しい機能を考え続けている所が、他のサービスと大きな違いだと思われる。

確かに多くのユーザーの声を反映させると言う事は、より良いサービスへの手段として最良の方法だろう。
だが、他のサービスなどで同じ様な事が出来ないのは、サービス提供側とユーザー側と言う求める側と答える側の隔たりが、サービスの向上を妨げる要因となっている。
「FC2では比較的ユーザーの声を大切にしている」と多くの方が認識されているが、これには他のサービスには有効に作用しなかったシステム側とユーザーの橋渡し役がFC2では大きな力となっている事が長く使っているユーザーなら実感出来る。

有志によるQ&Aも今までカスタマイズや疑問・質問の場として使われてきたフォーラムの記事を誰もが分かりやすくと考えた同じFC2ブロガーの方々が作り上げたものである。
まだまだ発展途上だが、Q&Aと言うもの自体に終わりはない

アルキカタ版FC2Blog Q&Aと言う名前からも分かる通り、「FC2ブログを100倍楽しむ方法」とでも言う形で集まったユーザーが制作に大きく関わっている。
同じユーザーだからこそ分かる疑問、その観点から作られて居るので、一度覗いてみると、使う側の要望(修正やカスタマイズ)に対するものが充実している。

Q&Aなどと言うものは本来、あまり役立ちそうもない項目がほとんどで初めての方も含め多くのユーザーは何度も見る事は無いだろう。(私も2,3度しか見た事はないw)

そう言った意味でも、今後カスタマイズや困った時に新しいQ&Aを利用して見ては如何だろう。
新しいトピックは日々増殖していくので、それを楽しみに見るだけでも価値は十分にある

実は私もお誘いを受けて居るのだが、何分、私の知識は自己流な為、曖昧な答えしか出来ないと言う理由で参加はしていない。
(参加したいと思う気持ちは有るのだが、既に活動している方々の名前を見ると畏れ多い(^^;)

と言う事で、困った時の神頼みではないが、「困った時のアルキカタ版FC2Blog Q&A」としてご利用してみては如何だろう。

勿論、それでも解決しない事などはFC2ブログ ユーザーフォーラムを活用する事で、あなたの質問が、同じ問題を抱えた方への回答となるかも知れない。

ジャンル [ ブログ テーマ [ ブログの勉強、研究 ]

Re comments.

「管理者ページからのリンク」
有希之武さん、ご紹介ありがとうございます。

深月さんにお知らせしたとき、若干の手直しがあるかしら、とか心配していたのですが、「早速リンク貼ります」とのお返事。
気がついたらユーザーフォーラムだけでなく、管理者ページにリンクが貼られていて、びっくり。
各Q&Aの下には簡単なアンケートが置いてあるのですが、役立ったとお返事をいただけるたびに喜んでいます。
と、同時に、ヘタなものは作れないなぁ…と改めて。

>FC2ブログ ユーザーフォーラムを活用する事で、あなたの質問が、同じ問題を抱えた方への回答となるかも知れない。

これ、大事ですね。オンラインで質問するということは、自分の抱えている問題を普遍化できるということです。質問している時にはそういう自覚はないでしょうが、それにより、参考にして解決している人が少なからず居ると想像できます(^^
2006/04/08(土) 09:34:25 [URL] sugarさん [編集]
「大変そうですが頑張って下さいませ。」
最近、皆さん新しい記事が無い所を見ると、Q&Aの方が忙しいのかな?
巡回ルートがみんな参加者なので購読者としては寂しいですが
何よりも多くの方に役立つものですから、頑張って下さい。
一番、sugarさんが大変そうですが(^^;
2006/04/08(土) 23:50:46 [URL] 有希之武さん [編集]
Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。