スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説用テンプレートあれこれ 
2006 05 23
Tue 10:16:51

テンプレート  Comment 4  Trackback 0  edit.

昨日から始めた小説用テンプレート。
あまり小説オンリーと言うのは考えて居ない領域だったので昨日は「どうやって小説文を見せるかに重点を置いて作っていた訳ですが・・・・

小説や文章と言うのは、続編が有ったりする訳ですよね。
そうなると、トップページにシリーズのタイトルとかシリーズ一覧が有ると判りやすいと思う訳です。
そうなるとカテゴリーで分けるのか?それとも一記事を使ってリンク集的な一覧でも作るのかが問題になって来ますね。

・カテゴリーにすると新しい作品が出来る度にカテゴリーが増える。
・更にカテゴリーをツリーなどで表示したくなる。

そう考えると、一つの記事を使った方が楽なのでは無いかと思う訳で。
無理に記事の並び方を考えるより、この方が好きに編集出来ると言うメリットが有るんですが、そうすると有る程度のタグを理解し、リンクを張らなければならない事になりますね。

「日本語文章を読ませる」と言う意味では、カテゴリーなどを使うよりは良いのかも知れません。
カテゴリーには、(ファンタジー)とか(ノンフィクション)の様にジャンル分けに使うと言う方法がベストの様な気がします。

一つのジャンルのみであれば、カテゴリーをスクリプトでツリー化して使う事も出来ますが・・・・(この辺は使う人の問題ですね)

(この記事を書いてから、プラグインと言うものが有るのを忘れていました。w
小説や長文など文章メインの方には、プラグインはあまり必要性が無い気がします。
そのプラグイン(カテゴリー1にでも)読んでほしい小説のリンクを書き込んでトップに表示する方が簡単だと気が付いた訳です。)

まぁ?それよりも有る程度のブラウザで縦書きが出来るようにする方が先決な訳ですが。(爆)

ちょっとここで日本語について気が付いた点を。
今まで何げに使っている日本語。
実際に《見せる立場》で考えると、元来日本語は縦書きが一番書きやすく読みやすいと感じますね。
特に長文となると、本と言うものに慣れている為か、あまり苦にならないほど読みやすい事に気が付きます。

確かに新聞や文庫本と言うのは、縦書きが当たり前であり、習字や作文でも縦書きな訳です。
当たり前と言えば当たり前なんですが、日本語のひらがなや漢字と言うものには《はね》とか《とめ》と言う終わり方をする文字が基本なんですね。
だから横書きの長文を読むと「なんか疲れる」と感じてしまう訳です。

ですが、ネットではその縦書きは、一般化されていない以上に阻害されている存在な訳です。
確かに諸外国はほとんどが横書きですから、ブラウザの発展を考えるとそれが当たり前な訳ですが、やはり《日本人に優しいネットライフ》を考えると縦書きを標準化してほしいと思う訳です。

勿論、今でも縦書き文章を見せる事は可能です。
しかし誰でもが出来る訳じゃありません。
専用のブラウザを使うとか、PDFファイルにして公開するとか、画像化してアップ、最悪のパターンは、一文字ずつパズルのようにタグを考えて縦書きに表示すると言うのが現状です。

その点を考えると、《世界標準》として戦略を考えているマイクロソフトだからこのような独自タグを導入したのでしょう。
唯一こういった点だけは、マイクロソフトを褒めたいですね。
しかし実情は、マイクロソフト対他企業の勢力争いで標準化されるべき事が蔑ろにされ、私のようなお馬鹿が困っている訳です(笑)

私自身も今回のように《日本語》に特化したテンプレートに手を付けたからこそ見えてきた部分な訳ですが、今後もどのような方法が有るのか色々と考えて行きたいと思います。
(と言いつつ「画像の方が楽じゃん」と、考えてる自分がそこに入る(爆))

ジャンル [ ブログ テーマ [ カスタマイズ ]

Re comments.

「グロ~バル」
やはり、縦書きフィルタは重いのが難点ですね…。
キーレスポンスも…イマイチ…。
でもこの長文の読みやすさは、目から鱗です。

ところで、グローバルに、様々なブラウザや環境を考えていると、「うたまっぷ」みたいにテキストをFLASHファイルにして公開するのもありかなぁ…と。
長文を画像にしたら、軽く250KBの大台を超えかねませんし…。

「Powerbullet」や「ParaFla!」みたいなソフトで書き出せたらいいのになぁ…と思います。
だって、普通のシェア商品購入したら…高いンですもん!
2006/05/24(水) 19:05:53 [URL] うたねさん [編集]
「うん確か重い」
そうなんだよね~重いんですよw
使って初めて判るこの重さ(爆)

自分でもフラッシュとかPDFとかに変換する方法が有れば他のブラウザでも大丈夫かと。
でもそうなると誰でもが使えるって感じじゃないだろうから・・・・・
やっぱりグローバルスタンダードになって貰うしか解決法は無いかも知れなですね。
縦書きブラウザとか有るらしいので、プラグインみたいに追加出来る仕組みを開発者に望みをかけるしか無いかも。(知らないですがw)

まぁ~縦書きで読みたい方は、IEを使ってねってお願いするのも一つの手かとw
2006/05/24(水) 22:15:00 [URL] 有希之武さん [編集]
「WEB小説な人々wは。」
「ブログ」ではなく「サイト」で小説をやっている人々は、「ブラウザで見る人はブラウザで(横書きで)見てね、縦書きが好きな人はテキストファイルも置いておくから、好きにしてね」という方法をとる人が多いみたいでして。

windowsのテキスト縦書き閲覧で定評があるのは、『窓の中の物語』↓
http://www6.ocn.ne.jp/~exist/news/soft.html
あたりのようです。

私は元マカーなので、『T-Time』↓
http://www.voyager.co.jp/T-Time/
を使っているンですけど^^;
2006/05/25(木) 12:24:40 [URL] 麻生(阿檀)さん [編集]
「WEB小説な方々」
そう言えばいくつかファイルを置いている方って多いですよね。
私が以前見ていたサイトはPDFファイルをアップしていてそれをDLして読んでいました。(最近行ってませんが(^^;)
でもどうしてこれだけ小説や長文を書く人が居るのに、縦書きに対して注目されないんでしょうね。

まぁ~私も今回の事で注目した訳ですが。(爆)
2006/05/26(金) 00:29:20 [URL] 有希之武さん [編集]
Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。