スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載もののテンプレート考 
2006 07 04
Tue 09:10:30

カスタマイズ  Comment 4  Trackback 0  edit.

ちょっと久しぶりにテンプレートの利用法についてアイディアが一つ。

ブログでは、画像を使ったり文字記事のみの人も居る訳で、その中には連載もの(小説やコラム)と言ったものをメインにしている方が居る訳ですよね。
そこで連載ものと言えば、「一話から連続で表示したい」という事がメインになります。

通常の記事の書き方では、投稿日順の記事になり、一話、二話が続かない場合が生じます。
でも、少し考え方を変えたら、個別の記事には、投稿コメントが追記されて一覧表示される訳です。

だったらこのコメント投稿を利用して、本文などには一話(又はプロローグ)と言ったものから書き始め、投稿フォームから続編を書くと言うのはどうなんでしょう?
そうする事で、新規コメント投稿がマーキングされてコメント一覧に表示されますし、小説の並び順もタイトル(サブタイトル)毎になり、読む人にとっては、トップページに表示されたタイトルをクリックする事で、一話から連続したページを閲覧出来ます。
あまりにも長い長編になる場合は、第二章と言う形で、別記事にすると良いと思いますし、この場合は、投稿日時を第一章の日時より一秒でも遅らせるか早めるかで記事が連続されます。
勿論、本文はコメント投稿なので「new!」スクリプトなどでコメント投稿一覧には強調表示されますし。

但しこの方法の場合、コメント投稿を管理者が使う訳ですから、よけいな書き込みがされる場合が有り、その点が難点ですが(管理が難しくなる)
勿論、小説一つにトラックバックは使えるので自由なコメントが出来ないような仕組みを考える事で防げるのではと思いますが。

小説やコラムへの感想コメントなどは、掲示板や感想板と言う名前で通常記事を書きそちらでコメントを入れて貰えば、良い訳ですし、わざわざ個別の記事に感想コメントを入れて貰う必要性は無いと思えます。

後は、トップで表示される記事に合わせて、コメント部分も同じデザインに変更すれば投稿コメント(続編)が連続して表示され、見るものにとっては一話から順に読む事が出来る訳です。
続編として投稿された文面(本来はその記事に対するコメント)はパスワードで保護されているので編集は投稿者(この場合、管理者)のみが出来るので不必要なコメントと投稿フォームを通常では閲覧不可に設定出来れば、連載ものページとして成り立つのではと思います。
勿論、新規の続編は新規投稿コメント(re commentエリア)から直接アクセスする事も出来ます。

投稿フォームに関しては、投稿フォームを掲載したテンプレートと別に通常見せる為の投稿フォーム無しのテンプレートを用意して、二話、三話と追記していく時に投稿フォームのテンプレートプレビューで書き込めば良い訳です。
この場合は、掲示板などとした記事には投稿フォームが必要になりますので、「掲示板」というカテゴリー名や番号で、フォームを見せる場合は、display: inline;を、見せない場合はdisplay: none;をスタイルシートで与えれば良い訳です。(スタイルシートを外されるとフォームが見られる可能性が有るのでHTMLにスタイル属性を追加しておく)
例えば・・・


<style type="text/css">
<!--topentry-->
#kiji_<%topentry_category_no> {display: none;}
<!--/topentry-->
#kiji_01 {display:inline}
</style>
(と言うスタイルシート属性をHTMLに書き込む。kiji_01(掲示板のカテゴリー番号が01とした場合)
HTMLでは、
<div id="kiji_<!--topentry--><%topentry_category_no><!--/topentry-->">
ここにコメントフォームタグを書き込む
</div>
などとしてカテゴリー番号によってフォームを隠す方法

以下の様にフォーム部分を実装した二種類のテンプレートを用意

<div id="form" style="display: none;">
ここにコメントフォームタグを書き込む
</div>
(通常、一般に公開するテンプレートのフォーム部分)

<div id="form" style="display: inline;">
ここにコメントフォームタグを書き込む
</div>
(小説を投稿する為の投稿用テンプレートのフォーム部分)


と言うようにする事で、二つのテンプレートを使い分ける方法が考えられる。

この場合は、今まで使っていたブログを利用すると過去記事にはコメント投稿が出来なくなるが、新しく連載用ブログを取得する場合はこの方法を継続して利用する事でログへの影響が少ない。

逆の事も考えられますね。
小説だけフォームが要らない訳ですから、小説のカテゴリー番号のフォームタグ部分をdisplay: none;として非表示にするだけでも、今までのブログで小説を書く事は出来ると思います。


<style type="text/css">
#kiji_01 {display: none}
</style>
(と言うスタイルシート属性をHTMLに書き込む。kiji_01(小説のカテゴリー番号が01とした場合)
HTMLでは、
<div id="kiji_<!--topentry--><%topentry_category_no><!--/topentry-->">
ここにコメントフォームタグを書き込む
</div>


まぁ?頭の中だけの考えなので実際に作ってみなければどのような不具合が出るか判らないが(^^;
こんな使い方も有るよ。と言う程度に覚えて貰えば嬉しいわなw。

ジャンル [ ブログ テーマ [ 試行錯誤。 ]

Re comments.

「面白いですね。」
二種類のテンプレートを用意するのなら、公開用のテンプレートにはコメントフォームは要らないのでは?

あー、何かこういうテンプレートつくってつかってみたくなりましたが、つかえるブログがありません。といってこれ以上増やすのも……(笑)
2006/07/04(火) 09:50:51 [URL] sugarさん [編集]
「フォームを無くしたら」
どうもしゅがさん(^ー^)
コメントフォームを無くすと言う手も有りますが、そうなると掲示板や感想板でもフォームが無くなり投稿出来なくなりますので、やはり変数を使って非表示にする方が良いかと。

まぁ~掲示板を他のブログや掲示板サービスを使うなら要りませんね。(^ー^)
私も、麻生さんのブログを読んでいて気が付いただけですので実装試験はしていないし、うちのブログでは必要ないかもですね(爆)
2006/07/04(火) 10:25:48 [URL] 有希之武さん [編集]
「こんにちわ(笑)」
コメントで連載ですか。
これは考えたことがなかったなー。

1番上のコメントだけ、投稿として扱う、というアイデアはしばらくこねくったんですが、ブログ投稿スクリプトが動いたんで忘れ果てていました。
で、これを考えたときも、2番目からのコメントは、感想に使うつもりでしたし。

『ブログで小説!』という企画を考えたときに、「ブログなら“コメントで感想が貰える”」というのが、真っ先に浮かんだメリットの一つだったので、どうも、コメント=感想で発想が固定しちゃっていたようです。

でも、たしかに、感想スレッドを別記事に設ければ、ありえますね……。


ただ、うちは「カテゴリーをたどる」でずっと可能性を追っかけてきたので、今回書かせていただいてるのも、それでいこうと思っています。プラグイン作成中(というか改訂中)なんですが、どこぞの美少女が脳みそに居座っているんで、進みませんwww
2006/07/04(火) 12:38:00 [URL] 麻生(阿檀)さん [編集]
「スクリプトバージョン(妄想)w」
どうも麻生さん(^ー^)

まぁ~今回のカスタマイズは可能性の一つとして浮かんだアイディアなので実用性が有るかどうか別ですねw

スクリプトでコメントを並び替えると言う方法も考えられます(確かdanielさんが並び替えのスクリプトを作っていたような(^^;)

管理人の名前で投稿(又は特定の名前とかパス)したコメントのみ本文への追記として列記され、他のコメントはそれ以下の順番に表示されれば、連載もそれに対するコメントも両方が解決出来る訳ですよね。
コメント一つ一つをブロックで囲みIDをパスワード変数などで振り分ければ、処理は出来そうですが。(お~妄想王♪)
いや!これじゃパスワードをスタイルシートに書き込む事になるのでバレバレかw

まぁ~頭の中では可能なんですが、スクリプトを書けない私には実現不可能で有る訳で(笑)
まぁ~何となく出来そうだなと言ういつもの妄想アイディアですが(爆)
2006/07/04(火) 12:53:10 [URL] 有希之武さん [編集]
Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。