スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプレート講座最終章 
2008 07 25
Fri 20:56:47

テンプレート講座  Comment 0  Trackback 0  edit.

久しぶりにテンプレート講座と言うか、テンプレートを作るために必要な心構えで締めくくりたいと思います。
実例を挙げて講座を進めてきましたが、やはり目標は「オリジナルなテンプレートを作りたい」と言うことだと思います。
そこで今回は、最終講座として、私の経験上から言える事、「固定観念に負けるな」と、皆さんに送りたい。

では、愚痴愚痴と言いたいことを書いて終わりとしましょう。
意外とこのテンプレート講座を見てくれている方が居るようで、気まぐれで始めた訳ですが、何かのお役にたてたかな?
少しでも役に立てたなら私としては嬉しい限りです。

実際に色々、テンプレートなるものをいじり始めると、最初は画像の入れ替えや、文字色の変更などから始まると思います。
これをカスタマイズと言う訳ですが(知ってるってw)

実は、カスタマイズが出来ると言うことは、テンプレートも作れると言うことなんです。

それでも戸惑いが生じるのは、FC2独自の変数がどんな動きをするのか?
そしてスタイルシート設定でどのような変化が有るのか想像できない・・・・

などというものが一番の問題でしょう。
私自身も始めは、変数の意味が全く分からず、変数表を読んでも意味不明。
そこでテンプレートのHTML文書と出力されている実際の自分のブログのソースを見比べてみることにしました。
そうすると意外な事が分かるんですね。
出力されているのは全て「数値または文書」な訳です。
つまりは、変数と言うのは、ログと呼ばれる自分自身のブログが得たデータを必要な部分、読み込んでいるに過ぎないと言うことです。
その呼び出す呪文に”変数”が必要だと言うことです。

それでも??エリア変数とか、書かれてもなんの事やらw
簡単に言えば、エリア変数と言うのは、「その場面でのみ必要なログを呼び出す変数」と言えるでしょう。
だから必要ないようなページでは使えない・・・・訳です。

と言うのは、語弊がありますね。
私がいつも思うのは、「なんでこの変数ここでは使えないの?」という腹立たしさ。

しかし考え方によっては、使えるんですね。
つまりは「その場面でしか使えない変数なら、違うところでも使えるように場面を擬似的に作れば良い」と言うことなんです。

カテゴリー別にスタイルシートを使い分ける方法もそれです。
普通は、カテゴリー番号を得る変数なんて、ファイル番号の為に使いませんよね。
しかしその番号を使うことで、それ番号に対応したスタイルシートを呼び出せば、カテゴリー毎に違うデザインを使える事に成ります。
他にも曜日毎に違うとか、月、年などそれを求める変数は有るわけですから、それを利用し、ID名やclass名に使えば、投稿日毎に色の違う日付が可能だったり、特定の人だけ”君”を付けたり”さん”を付けたりも出来るわけです。

そう考えると、無限のバージョンが思いつくはずです。
後は、自分が考えたデザインをどうやって可能にするか?をテストを繰り返し実現に向かえば良いわけです。

言うのは簡単ですが、色々な経験を実際に味合わないと、思いつかない事の方が多いのも事実。

まぁ?手っ取り早いのは、既に実現している手法をマスターして自分なりにカスタマイズすると言うことですね。

何はともあれ、考えていただけでは始まりません。

まずは小さなカスタマイズから始めましょう。
その積み重ねがあなたの財産になり、ゆくゆくは夢見たオリジナルテンプレートが作れるように必ずなります。

実行有るのみ。

短い講座でしたが、少しでも皆さんの手助けに成れたら幸いです。

ではまた、いつの日にか逢いましょう。

再チェン!(^ー^)

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。