スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--

スポンサー広告  Comment -  Trackback -  edit.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯彼女? 
2010 11 25
Thu 13:08:31

独り言  Comment 0  Trackback 0  edit.

ここしばらくイラスト描いても色つけまで行かない状況の有希之武です。

あまりにも記事を書かないので寂しい思いをしている皆さん(居ないかw)
実は最近、YouTubeで色々な動画を見るのが日課のようになり、仕事探しのついでに(動画がメインになりつつ・・・w)見た動画の関連情報を検索したりして、最近の話題探しをしています。
今年に入って、Buono!とかを記事で取り上げてますが、ここへ来て℃-uteの動画を見るようになりました。
別にコアなファンになった訳でも有りませんが、私がまだハロプロと言うより、モーニング娘。のサイトを運営していた頃、キッズオーディションと言うのが有りまして、そこで選ばれた子供達がBuono!やBerryz工房とか℃-uteとして、今も活躍しているんだと、ちょっと浦島太郎状態です。(笑)

最年少が確か小学一年生でしたが、今では中学三年生ですよ!(驚きw)

Buono!の記事を書いた時点では、他のメンバーとか顔と名前が・・・いや、名前すら知りませんでした。
やっと最近になって顔と名前が分かるようになり、その中でも歌唱力がハロプロ一番らしい「鈴木愛理」ちゃんという子の歌が、アイドル全敬遠していた私に「なんか安心して聴いていられるな」と。

元々私は、歌のジャンルとか特に好き嫌いは有りませんし、クラシックでもロックでも何でも「ながら」で聴いていられる曲が好きな訳で、しかしアイドルと言えば「女の子特有のキャンキャンした高音」が固定観念にあり、二十歳代からこの歳までほとんど聴かないのが普通でした。
モーニング娘。初期も全ての曲が好きな訳ではなく、まぁ?サイトで知り合ったファンの影響で聴いていたと言うのが本音であまり、好きとは言えませんでした。

いまも中心に聴くのは、いきものがかりとか中島美嘉など、落ち着いて聴きながらイラストが描ける曲です。
まぁ?それは変わっては居ないのですが、なんか近頃、Buono!の曲から始まりあれだけ敬遠していたアイドルの曲も聴くようになってしまった訳です。
別にアイドルの曲が悪い訳では無く、落ち着かないから敬遠していた訳で。

そんなこんなで最近は、音楽を聴くと言うより、動画で知らないPVとかを見るのにはまっています。

そしてあれから10年・・・・ダンスパフォーマンスが並みのアイドルじゃない℃-uteのPVに・・・・

あれ?携帯彼女の話をしようと書き始めたのに(笑)

じゃ、話を戻して。

実は私、「携帯彼氏」と言う映画は、ネットでタイトルとあらすじくらいは知っていました。
なにやらオカルトな話で、携帯小説が原作らしいですね。(詳しく知りませんがw)
そしたら今度はDVDで「携帯彼女」と言うのが、℃-uteの鈴木愛理ちゃん主演で作られるそうです。
まぁ?特に見たいとか思わないですけど(爆)

そこでこの「携帯彼女(彼氏)」を自分なりに物語を考えてみました。(暇だなぁ?w)

実はこれはケータイのアプリなんです!(映画もそうらしい)
好きな彼氏(彼女)を選んで登録し進めていくらしいのですが、私が考える「携帯彼女(彼氏)」は、本物の写真ではなく、最近はやりのmixiアプリのように、イラストで描かれた彼氏・彼女を選び、メールのやりとりをする。
しかしこれじゃ只の出会い系サイトじゃないかぁ?と、お叱りを受けそうなので、恋愛シミュレーションという設定で登録者はコンピュータ相手だと思って登録する。
だからメールのアドレスなどは一切公開しない、当然顔写真や、実際の住所や本名は分からないし設定だと思われている。
そして自分が選んだアバターでメールのやりとりを進めていく。
勿論、メールのやりとりで気に入らなかったら変更が可能。
登録者はアバターになりきってメールを書く訳です。
無論、相手は知りませんから全てなりきりで、自分が設定(選んだ)相手と彼女・彼氏になりきる。

と言う多分既に有るだろうアプリがこの物語の舞台です。(物語だったのかぁ?(笑))

これが舞台となり、恋愛系小説のようなお話だと、付き合っていた彼氏と悲しい別れをし、心の寂しさを紛らすために「携帯彼女・彼氏」に登録したヒロイン。
たまたま選んだ彼氏とのメールがとても励みになり、徐々にメールの相手と本当に会いたくなっていく。
しかし初めはコンピュータだからと諦めていたが、メールのやりとりでどうやら本当の相手が居ると分かる。
いつしか彼女は心の底から彼に会いたくなり、たわいないメールの内容から徐々に彼の居場所を探し始める。

そんな彼女の行動を知り、彼も少なからず彼女を真剣に好きになって行きとうとう本当のメールアドレス教える。

だが、それでも彼氏は決して自分の居場所は教えない。
「なんで?どうして教えてくれないの?」

・・・・・とか物語は進みラストは(もうラストかw)

彼は交通事故で頸椎を損傷し、寝たきりになり病室から眼球で操作できるように改良されたパソコンで彼女とメールしていたのである。
そんな彼を捜し当てた彼女・・・さぁ?どうなる?!!(笑)みたいな純愛ドラマだなw

他は?流れ的には同じなんだけど、本名と住所を知る事になる二人、しかし何度、合う約束をして待ち合わせ場所に居ても合えない二人。
決してどちらかが誤魔化している訳でもなく、同じ時間同じ場所に居るはずの二人は、メールでしか会話が出来ない。

果たしてこの二人の結末は・・・・・・・・的ないわゆる多次元世界の恋愛系(みたいなw)

まぁ?この手の多次元世界ではなく、時間のずれを使ったドラマは、確か有ったな(汗
古本屋で見かけた学生に淡い恋心を抱いた少女がいつも立ち読みをしている彼のその本に栞を挟んでメッセージをやりとりしていたんだが、実は本を読んでいた彼ではなく、終戦間際、特攻隊の彼が愛読していた本に挟んだ栞が時間を超えた純愛を描いて居るドラマだったと思う。(タモリさんの?)

ん?なんだかたわいない話を熟々とかなりの長文になってしまった。(汗

まぁ?オカルトの「携帯彼女(彼氏)」より、自分的にはこういった淡い恋愛とか、SFなどを絡めた作品を見てみたいものです。
色々出来るネタというかテーマなのでオムニバスみたいな流れの作品でも面白いかも知れない。
まぁ?自分には描けないけどねw

最後まで読んで頂いた方、あまりにもたわいない記事で申し訳ない(汗
そろそろ新作のイラストをアップしたい所ですが、もうしばらくお待ち下さい。
(約束出来ませんがw)

ジャンル [ 日記 テーマ [ ひとりごとのようなもの ]

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。